平成23年度 富士総合火力演習(総火演、そうかえん) 後段演習

前段演習の続き。と言っても、実質的にほぼノンストップです。写真展もご覧ください。

<11:30〜12:00 降段演習>

 <<航空偵察>>
  観測ヘリコプター(OH-1)
  遠隔操縦観測システム(FFOS)

 無人ヘリコプターって、だってラジコンじゃないんだからさ・・・あんなのを空中で自由自在に動かせるって、ただごとじゃないです。

 <<ヘリボン行動>>
  多用途ヘリコプター(UH-1)
  オートバイ(偵察用)
  対戦車ヘリコプター(AH–1S)
  戦闘ヘリコプター(AH–64D)
  輸送ヘリコプター(CH–47J)
  多用途ヘリコプター(UH-60J)
  軽装甲機動車
  高機動車

 ヘリコプターから人が出てきてバイクで走り去るとか、ヘリコプターに車が吊られているとか、そんな感じの色々。
 しっかし、よくあれだけのスペースにあれだけの人が入るよなぁ。近くで見ると凄く大きいんだろうけど(最後に間近で見れるらしいのだが我々は残念ながら行かなかったのでよくわからない、次回こそは見に行こう)、それにしたって狭いと思う・・・行き帰りの車の中ですら足が伸ばせなくてしんどいー、って音をあげていた我々なんかとは覚悟が違うぜ。流石、自衛隊。

 一人、バイクのエンジンかからなかった人いたんだよねー。あ、今のはオフレコ。

 さぁ、ここからが真骨頂だ!

 <<攻撃>>
 [偵察活動]
 87式偵察警戒車
 オートバイ(偵察用)

 [第一線部隊の攻撃(攻撃準備射撃、障害処理、前進支援射撃、普戦チームの攻撃、突撃支援射撃、突撃)]
  87式偵察警戒車
  オートバイ(偵察用)
  203mm自走りゅう弾砲
  155mmりゅう弾砲
  81mm迫撃砲 L16
  120mm迫撃砲 RT
  90式戦車
  74式戦車
  89式装甲戦闘車
  92式地雷原処理車
  79式対舟艇対戦車誘導弾
  87式対戦車誘導弾

 [戦果拡張]
  全装備

 何がヤバいって、もう何がどうなっちゃっているのか全くわからない、ひたすらノンストップで標的が攻撃され続ける爆音の交響曲。
 ちゃんと無線で連絡とりあっているのが会場に放送されて、映画みたいなんてヤワなもんじゃない、これは現実だ!
 皆で協力して仮想の敵を追いつめていくわけです。空に大量のヘリ、地に大量の戦車、私の脳内ではもうワルキューレが盛大に鳴り響くしかない。

 ヤバいよー、これ小学生の頃に見てたら絶対に人生違ったよ。総火演録画で見てみたいけど時間がない方は、せめてこの「第一線部隊の攻撃」部分だけは見て。無論、現地で見るに越したことはないと思いますがね。戦車が歌えば空気が歪む、これ比喩じゃないですよ!

 この後、<12:00〜12:30 音楽演奏>、<12:30〜13:45 ビデオ放映>、<13:00〜13:45 装備品展示>と続きます。この装備品展示までの休憩時間は、ニワカさんはここでお帰りくださいの意だと受け取ったので大人しく退却。見てもわからないのに見ても、ねぇ。いや、見たかったですけど。まぁ、しかし、そこまで詳しい人が一緒にいたわけでもなかったので・・・。

 全体を通して・・・ヤバい、すごい、それしか言えなかった。せっかく参加させてもらっておいて、これだけじゃ勿体なさすぎるし、何より自分が情けない。これからちゃんと勉強して、次に参加できる時までには、ある程度まで自分で理解できるようになる。絶対なる。それがいつになるか、そもそもあるのか、わからないけど。

 本当に良い経験させてもらいました。大学生最初の夏休み、色んなことがあったけど、最高のイベントでした。むしろ人生で最高のイベントでした。

 自衛隊の方々をはじめ、会場にいらっしゃった方々、中継で見られていた方々、見たかったのに見られなかった方々、その他富士総合火力演習に何らかの形で関わりのあった全ての方々、本当にありがとうございました。お疲れさまでした。
 ご縁があれば、またどこかで。願わくば、あの演習場で・・・!

いより 

About Morimoto Iyori

東京暮らし1年目の大学生です。 岡山出身。古典文学好き。地理学専攻予定。 読んだ本、日常生活で発見したことなどを書き綴ってゆく予定です。
This entry was posted in travel. Bookmark the permalink.

Comments are closed.